高知県が独自に行っている「GoToトラベルキャンペーン」一覧

【高知県への交通】飛行機・クルマ・フェリーお役立ち情報まとめ

こんにちは!高知県在住ライターのaimi(@aiaiminini)です。

当ブログも3年目に入りまして、高知県の観光に役立つ情報を多々発信してきましたが…

aimiのアイコン画像aimi
まとめ記事がない!
夫のアイコン画像
自分でそう思ってたんだw

この機会にまとめていこう!

ということで第1弾!”高知県への交通情報”のまとめを行っていきます。

【高知県への交通】飛行機・クルマ・フェリーお役立ち情報まとめ

飛行機

2018年、初めてのLCC(格安航空)が成田・関空に就航したことから高知県への観光客が急増しています(๑╹ω╹๑ )

 

LCCは

  • 座席がせまいこと
  • 機内サービスが有料

なのをのぞけば、値段も安くとってもオトク。

aimiのアイコン画像aimi
うまく利用して高知旅行を楽しんでください!

当ブログで飛行機について扱ったのは以下の2記事。

【高知・初のLCC】ジェットスター成田・関空就航の詳細!

2019年末現在、高知龍馬空港に乗り入れているLCC=ジェットスター1社のみ

ですが、四国の中での陸の孤島と言われる「高知」に安く行ける唯一の方法!ということで搭乗率も上々なようです♪( ´▽`)

片道1万円以内で乗れるのって、かなりすごいですよね…!

LCC以外の便との異なる点も書いていますので、参考にしていただけると幸いです♪

https://www.aimisuna.com/2018/09/14/kochi-jetstar/

【高知第2のFDA路線】神戸~高知線の運航開始!の詳細

「FDA(フジドリームエアライン)」はLCCではございませんが、地方活性化のために独自の機内サービスをされている会社です。要注目!

aimiのアイコン画像aimi
機内で高知銘菓がいただけます♡

この便の就航によって、神戸⇆高知の日帰り旅行がムリなく可能になりました。

https://www.aimisuna.com/2019/12/17/fda-airline-kobe-kochi/

クルマ

お次はクルマ。

本州と四国を結ぶ橋は3種類。

  • ①神戸・鳴門ルート
  • ②児島・坂出ルート(通称:瀬戸大橋)
  • ③尾道・今治ルート(通称:瀬戸内しまなみ海道)

その中で、「どの橋を経由して行くのが一番オトクなのか?」ということを記事にしています。

四国⇔本州の3つの陸路、どれが一番お得なの?お得なETCカード情報も!

aimiのアイコン画像aimi
どの橋も高い!

という先入観を捨てて、じっくりと通行料金を分析してみました。

ETC搭載していない車の通行料金を見てがく然としますよw

さらに、オトクなカードの紹介もさせていただいています♪

https://www.aimisuna.com/2017/08/18/shikoku-honsyu-rikuro/

高速バス

現在、東京駅から高知に走っているバスはおもに5種類。

  1. ドリーム高知号<夜行>1日1便/約11時間35分
  2. ブルーメッツ号<夜行>1日1便/約11時間5分
  3. スマイルライナー号<夜行>1日1便(運行日はお問い合わせください)/約11時間15分
  4. コトバスエクスプレス<夜行>1日1便/約11時間50分
  5. OTBライナー<夜行>1日1便/約12時間40分

関西から高知に走っているバスも5種類。

※発着地がそれぞれ違うため「よさこいネット」様より引用させていただきました

 - 交通 - 高知県の観光情報ガイド「よさこいネット」 -より引用

– 交通 – 高知県の観光情報ガイド「よさこいネット」 -より引用

 

当ブログでは高速バスの記事を書いたことがございませんので恐縮ですが、朝イチから無駄なく観光できるということで非常に人気があります。

友人も何度も利用していますが、かなり前から予約しないと無くなってしまうとのこと_φ( ̄ー ̄ )

もし日付がわかっている場合なら、予約を先にしてから宿を押さえてもいいくらいです!

普段からそんな感じなので「よさこい祭」の時なんかは、クリック戦争になるんじゃないでしょうか(_ _).。o○

友人にはキャンセル料が良心的な「楽天トラベル」をオススメしています。

\楽天ポイントもたまる!/

「楽天トラベル」で高速バスを予約する

キャンセル料が良心的な理由は姉妹サイトにて記事にしています

フェリー(愛媛経由)

2019年末現在、じかに高知県入りするのに「フェリー」という選択肢はありません。

大分⇆高知を結ぶ、唯一のフェリー「宿毛フェリー」が休止中だからです

ですので、愛媛県経由で高知入りするためのルートをご紹介しています。

東京方面〜徳島までの(最終的には大分まで行く)「オーシャン東九フェリー」もございますが、乗船したことがないので記事がなく申し訳ありません…(_ _).。o○

<広島⇆愛媛>

【瀬戸内旅】格安で松山~広島の移動をするなら!「クルーズフェリー」の6つのメリット

石崎汽船・瀬戸内海汽船が共同運航している、広島県呉港経由・広島港⇆愛媛県松山港を結ぶ便。

おなじ航路でも2種類のフェリーが存在し、

  • スーパージェット(乗船時間:1時間半・大人6,980 (小人3,490)円)
  • クルーズフェリー( 〃  :3時間・大人3,670 (小人1,840)円)

この記事では、いわゆる鈍行「クルーズフェリー」をご紹介。

記事では自転車を載せていますが、クルマでも3時間の船旅中は同じスペースでくつろぐことになります。

節約たびの参考にしていただけたら幸いです!

https://www.aimisuna.com/2018/01/24/cruise-matsuyama-hiroshima/

<九州⇆愛媛>

九州と四国を結ぶ航路は4種類、コスパがいいのはどれなのか?を調べてみました。

【九州~四国】フェリーに車を乗せていくならコスパがいいのはどの方法?

https://www.aimisuna.com/2019/03/29/car-ferry-cost-kyushu-shikoku/

そのうち、いちばん低料金で乗れる「国道九四フェリー」に乗船してきたので参考にしてみてくださいね♪

【愛媛・三崎港~大分・佐賀関港】「国道九四フェリー」の乗りごこちレポート!

https://www.aimisuna.com/2019/03/29/ehime-ooita-kyushi-ferry/

その他公共交通

【超絶不便だからこそ】公共交通利用de室戸観光したい人必見!室戸の電車バス利用法

2019年度末現在、汽車路線がブチッととぎれてしまっている高知東部の交通。

残念すぎますが、2020年からあらたな公共交通の誕生が控えています。

まず第一報が飛び込んできました!

徳島、高知両県などの第三セクター阿佐海岸鉄道が2020年度の導入を目指す、線路と道路の両方を走れるDMV(デュアル・モード・ビークル)の道路部分(バスモード)の運行ルート案が24日、発表された。近隣の観光施設や高知県室戸市をルートに含む

この日、徳島県庁であった阿佐東線DMV導入協議会で徳島県が発表した。鉄道部分は阿波海南駅(徳島県海陽町)―甲浦駅(高知県東洋町)間を走る。阿波海南駅―海部駅間はJRから編入される。

バスモードは「阿波海南文化村」(徳島県海陽町)と阿波海南駅を結ぶ区間と、甲浦駅と「道の駅宍喰温泉」(同)を「道の駅東洋町」(高知県東洋町)経由で結ぶ区間。土日祝は1往復を高知県室戸市方面に延ばし、室戸ドルフィンセンターなどの観光施設をめぐる。ルートは競合するバス事業者と調整し、正式決定する。同社社長の三浦茂貴・海陽町長は「DMVを切り札に公共交通機関の存続を図りたい」と発言。

〜2019年12月25日・朝日新聞オンラインより引用

https://www.asahi.com/articles/ASMDS3GXKMDSPUTB001.html?iref=twitter

ただぶっちゃけ、「2020年に間に合うのか」という不安があるのは否めませんが…

aimiのアイコン画像aimi
あらたな遮断機や信号機の設置が必要なそうですから!

続報を待ちたいところです。これが実現すれば、乗り換えが少なくなり、一度降りたらしばらく後続バスがこないということも解消されそうな予感がします。

以下の記事はDMV導入前の公共交通の記事になりますが、かなりお得なチケットもあるので活用していただけたら!

https://www.aimisuna.com/2017/03/10/murotokoutsu/

まとめ:交通が不便な高知だからこそ、事前情報がすごく大事です!

当ブログでまかないきれないエリアも多かったですが、お役に立てましたでしょうか?

どこから来ても遠い高知県、なるべくお得にこれるように情報展開していけたらと思っていますので、これからもよろしくお願いします!

 

 

関連記事

【温泉大好きライターが選ぶ】高知県内・日帰り温泉ランキングベスト5

高知移住4年目の私が選ぶ、日帰り温泉をチョイスしてみました。

全部は行けていませんが、かなりの場所に足を運んで書いた記事なので間違いありません( ^ω^ )

https://www.aimisuna.com/2019/12/23/kochi-hotspring-higaeri/

これは困った!!四国・高知にないもの①~移動手段編

当記事でご紹介した「交通手段」についてもふれています。

話のネタにもってこいなので、知っていて損はない話題ばかりです。

高知移住を考えている方は必読です♪

https://www.aimisuna.com/2017/06/28/post-2300/