「しまなみ海道」含む”瀬戸内7海道”で使える割引キャンペーンまとめ

【しまなみ海道】自転車レスキューサービスまとめ

【しまなみ海道】 自転車 レスキューサービスまとめ

こんにちは!ロードバイク女子でありアウトドアライターでもあるaimiです。

先日のしまなみ海道で宿泊させていただいた「WAKKA」さん。

しまなみエリア全域をカバーする”レスキューサービス”があると聞いてびっくりしたものですが、他にも同様のサービスを行っているところを見つけましたのでまとめていきたいと思います。

【しまなみ海道】自転車レスキューサービスまとめ

①【火曜以外/しまなみ海道ほぼ全エリア対応】「WAKKA」

「WAKKA」公式より引用

しまなみ海道のどのエリアでトラブルをしても、定休日の火曜日以外ならいつでも対応していただけるのが「WAKKA」

到着時間は最大で40分!

しまなみのちょうど真ん中のメリットを最大限生かされています、まさに地の利!

とっても魅力ですね。

応急処置のみとはなりますが、良心的な値段で対応していただけるのも嬉しいです。

ただし受付は9時〜18時までになってるので、ナイトライドなどの無茶な時間帯の利用は難しそうですが…

「WAKKA」のサイクルタクシー。ゲリラ豪雨に遭ったかたの送迎にも使われたのだとか

②【愛媛側】「しまなみ島走レスキュー」

自転車屋さん・ガソリン屋さんなどが共同で作った団体です

愛媛の有志団体が集まってできた「しまなみ島走(とうそう)レスキュー」。

以上の拠点から電話すれば、レスキュー対応してくれます!

ただ、島(つまり田舎)ということもあり日曜日定休が多いのには注意が必要ですね…。

料金が書いていないのがやや不安ではありますが、距離・修理内容に応じて変わると書いてあります。

③【日祭日のみ/大島・伯方島・大三島エリア】「しまなみサイクルセーバー」一律500円で出張修理!

愛媛側の3島限定(大島・伯方島・大三島)とはなりますが、トラブル場所までかけつけてくれる「しまなみサイクルセーバー」さん!

②でカバーしきれない自転車屋さんやガソリン屋さんがお休みがちな「日曜・祝日」を営業してくださることにより、空白がなくなりました。

これでしまなみ初心者のかたも途方にくれる心配もございません♪

aimi

ありがたいことですよね!

④【「WAKKA」非対応の火曜日は拠点までコレ一択】自転車といっしょに修理拠点まで「レスキュータクシー」

しまなみ島走レスキュー「レスキュータクシー」についてより引用

最後にご紹介したいのは

  • ①「WAKKA」の定休日の火曜
  • ②「しまなみ島走レスキュー」のどの拠点からも遠い

つまり、火曜日でかつ愛媛県側の拠点のどこからも遠い(広島側・またはその他の離島)場所でトラブルになったらどうすればいいのか?という場合。

その場合は自転車を「レスキュータクシー」に載せてしまいましょう!

「レスキュータクシー」にて「しまなみ島走レスキュー」のいずれかの拠点までたどり着くしかありません…((((;゚Д゚)))))))

しかしこのタクシーは通常のタクシー料金のみ(橋通行料は別途かかかります)で乗車できるとあって、良心的。

「しまなみ島走レスキュー」のある愛媛県側拠点でなくとも、広島側に近ければ尾道駅前ならジャイアントストアがございますし、街の自転車屋さんもたくさんありますからね(ただしすぐ対応していただけるのかは事前に確認は必要)。

なんとかなるでしょう!

【まとめ】しまなみ海道自転車トラブル→レスキュー空白地帯ナシ!初心者にも優しい

ここで一度まとめましょう。


【しまなみ海道】自転車レスキューサービスまとめ


①【火曜以外/しまなみ海道ほぼ全エリア対応】「WAKKA」
②【愛媛側】「しまなみ島走レスキュー」
③【日祭日のみ/大島・伯方島・大三島エリア】「しまなみサイクルセーバー」一律500円で出張修理!
④【「WAKKA」非対応の火曜日は拠点までコレ一択】自転車といっしょに修理拠点まで 「レスキュータクシー」

以前「アワイチ」「ビワイチ」比較記事の時に書いたけれど、”地方ではレスキュー空白地帯があるのはやむを得ないなあ”と思うのが普通でしたが…

レスキュー拠点がこれだけあるというのは異例なことだと思います。しかも良心的な値段で。

それだけ愛媛県と広島県が自転車観光に力を入れている証拠ですし、海外にも自信を持って発信できるサイクリングルートだということが言えるでしょう。

「しまなみ海道」=サポート空白地帯がナシ!サイクリング初心者でも、心配いらず。

ですよ!

しまなみ海道では

に相談すれば、だいたいのことは解決!

事前に心配なことがあればメールなどで相談ができますので、是非ともご利用くださいませ〜٩( ᐛ )و

以上、「【しまなみ海道】自転車レスキューサービスまとめ」の記事をお送りしました。

関連記事

【宿泊レポート】「WAKKA」はサイクリストのための欲張りリゾート拠点!(愛媛県・しまなみ海道/大三島)

「WAKKA」はサポートサービスだけではなく、宿泊・カフェも営業されています。

サポートサービスを使ってヘトヘトにしまった後は、こちらに飛び込みで泊まっちゃうのもアリかも?

もちろんレンタルサイクルも行なっているので、ここまで車で行ってしまい、大三島をぐるり一周の楽しい計画もできます。

【今治〜大三島サイクリング】「しまなみ海道」ハーフ40kmを1日かけてゆるポタしてきた

2020年12月にしまなみハーフを走って来たレポート記事です。

カフェやレストランが少ないこのエリア、ぜひ予習してからお越しくださいませ。

【しまなみ・さざなみ・かきしま・はまかぜ海道・小豆島走るなら】「せとうちサイクルーズPASS」もらってから船に乗ろう!

しまなみ海道ほか、瀬戸内7海道をサイクリングするならお得なパスがあるのをご存知でしょうか?

知らないとソンソン!

【しまなみ海道】 自転車 レスキューサービスまとめ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!