高知県が独自に行っている「GoToトラベルキャンペーン」一覧

【高知県土佐町】オフロード獣道をMTB(マウンテンバイク)で爆走!爽快ダウンヒルをツアー体験レポ

こんにちは!高知県佐川町在住アウトドアライターのaimiです。

先日土佐町の「湖の駅さめうらレイクタウン」の取材に出かけていましたが、その中でお目当てだった”サイクリング体験”をレポートしていきます。

現在はサイクリング事業の方は”準備中”とのことでコースがまだ決まっていないのですが、レンタルサイクルだけでも大歓迎!

施設の中も見せていただけたので合わせてご紹介します。

主催の「NPO法人さめうらプロジェクト」とは?

多彩な活動を行なっている「さめうらプロジェクト」。
その根本にあるのは「郷土愛とおもてなしの心を育む」と言うこと。
「たくさんの人にダムを身近に感じ足を運んでもらうことはもちろん、地域の子どもや若者たちを主人公に、地元を愛して地元から愛される人材を育てたい」と話す代表・辻村さん。

https://kochi-experience.jp/blog_spot.html?id=31より引用

少子高齢化に歯止めがかからないのが高知県全体の実態ではありますが、「さめうらプロジェクト」にも”ふるさとにもこんなにいいところがあるのだ”と再発見をしてもらい、人材流出を防ぐといった目的があるといいます。

近くの「さめうらダム」は土佐町を代表する観光スポット。四国でいちばん大きなダム。

拠点は2020年9月19日OPEN!「さめうらカヌーテラス」

拠点となるのは「さめうらカヌーテラス」。

2020年9月19日に本格オープンする出来たばかりの施設!

土佐町のアクティビティのほとんどの集合場所であり拠点です。

私たち夫婦はプレオープンの中、サイクリングツアーに参加させていただきました。

拠点となる「さめうらカヌーテラス」は2020年9月19日本格オープン

次項からは体験してきたサイクリングツアー「猪サイクリング」についてのレポートです!

ひたすら獣道をダウンヒル!「猪サイクリング」に参加レポート

「さめうら猪(いのしし)サイクリング」とは?

四国三郎「吉野川」最上流(早明浦ダム水源地)のイノシシコースを巡るマウンテンサイクリング。

猪しか入れない獣道を行く、とあってロードバイクやママチャリのようなアスファルト道以外で自転車に乗る体験ができます٩( ᐛ )و

私は車体の重いMTB(マウンテンバイク)の登りは自信がないので、迷わずE-Bikeを選択!

ロードバイクに乗り慣れているし、暑くてキツイと判断。

aimiのアイコン画像aimi

その選択は間違っていませんでしたよ…w
ラクして山を楽しみましょ!

当日は+2,000円でE-bike(電動アシスト付き自転車)に変更できました

吉野川はさめうら浦ダムの水源地!
とはいえ、前半の登りはアスファルト道でしたけどね…

【オリエンテーリング】開会式とE-bike特有の乗り方を教わる

ツアー開始の前に自己紹介(開会式)と、本日のツアーガイドさん(なんと私たち夫婦だけの参加でしたw)にE-bikeの乗り方を教わります。

狙った場所にブレーキをかけられるか、坂を降りる感覚をつかみます。

目の前に坂があるので、すぐ練習できますよw

今回の「猪サイクリング」はダウンヒル(山のくだり)のみがオフロードということで、個人的にはまさに願ったり叶ったりの企画。

上りのオフロード道は初心者にはきわめて試練ですからね…(愛媛県八幡浜のレポートを参照してください。ボロボロになりましたw)

夫婦2人にガイドさん4人という貸切ツアー!台風の影響でキャンセルの方がおられました

コース内容

さめうらカヌーセンター→雲海展望台(ピーク)→猪ゲート(ここからはオフロード)→ダブルトラック→シングルトラック→国道(オンロード)に出てカヌーセンターまで帰還 
登り10km、下り10km、合計20km

「猪サイクリング」は雲海展望台まで登り、そのあと猪ゲートをくぐりダウンヒル!合計約20kmのコースです。

ロードバイクならあっという間の20kmも、MTBとなると話は別

車体は重いですし、振動で疲れます…つまり体力が試されます。

E-bikeの本領発揮といきましょう_φ( ̄ー ̄ )

aimiのアイコン画像aimi

登りにこそE-bikeが必要なんですよ…

【カヌーセンター〜雲海展望台まで】登り基調ですがE-bikeならなんのその⁈

はじめの5kmは緩やかな登り。

はじめこそフラットですが棚田が近くに見え始めるとそこそこの登りになります。

ミラーレスカメラをスタッフさんにお渡しして、バシャバシャ撮ってもらいました。

aimiのアイコン画像aimi
な・なんとサポートカー付き!!!

リタイヤも気軽に申し出れますので、体力に自信がなくても安心して参加できますよ。

ちなみにスマホ・GoPro以外のカメラを持っていくのは現実的ではないでしょう…

大きくて重量のあるカメラは振動が大きすぎて吹っ飛んでいってしまいますよw

早明浦ダムゲートが一望できるポイントで
途中の沢で休憩。川で顔を洗いクールダウン!この車がサポートカー。
天気はなんとか持ちそう。ここから本格的登り
登るにつれ棚田が綺麗に見えてきます
黄色い穂が揺れて、もう直ぐ収穫期の田んぼ
逆光もかっこいい
やっとピークに着きました
個人が作られたという手作り展望台
棚田の見える展望台で休憩!
素晴らしい!サンセットの時間に合わせるツアーもあります要相談
棚田の間を縫って…

【雲海展望台(ピーク)→猪ゲート(オフロード)→ダブルトラック】

ここまでは登りでしたが、ここからがこのツアーのメイン・ダウンヒル。

aimiのアイコン画像aimi

下りでございますよ〜

猪ゲートをくぐって、スタートです!

重力がもろにかかって握力がなくなるかと心配してましたが、ロードバイクと違って「ずっと握る」というより「小刻みに握る」を意識したほうがいいかと。

車でいうと、ポンピングブレーキ♪

しかも想像していたよりはずっと緩やかな坂だったので、腕が疲れるということはありませんでした。

ディスクブレーキが効きまくりです。その点でも(私が持っている)ロードバイクとは異なる点ですね。

いよいよ猪コースに突入!
ここは平和な方
コーナーリングはコースどりが重要。
こ・これは…汗。サポートカーが入れない分岐にて。ここから先がシングルトラック。リタイヤ不可!

シングルトラックの写真がございませんが(サポートカーが通れず帰ってしまったため)、感想をひと言で述べるならば…

aimiのアイコン画像aimi
めちゃくちゃ楽しいです!MTB欲しくなった…置き場所があればすぐにでも欲しいw
夫のアイコン画像
俺はちょっとバテてたけどね…wでも短かったし楽しかった!

もちろん車幅がせまいぶん、コースどりの選択肢が減るという点では危険な面が多いですが、そういう際は自転車を降りて通過すればいいだけです。

私も2度降りて通過しました。減速しても怖そうだったんで泣。

「登山」などで鍛えられた”ここは滑るぞ”ポイントを見極められるのであれば、全然OK♪(´ε` )

滑るのは大体こう。

  • 木の根
  • 太めの枝(※細いのはためらいなく乗っかっちゃえば問題なし)
  • 雨上がりのぬかるみ

ですので、余力があれば思い切って挑戦してみましょう!

スタッフさんに「シングルトラックいけそうです」と申し出れば連れて行ってくれます♪

無理なら、普通に車道を帰ればいいだけなので。

閉会式

最後はカヌーセンターで終わりのあいさつです。

感想をひとりひとり述べたら終了!

おつかれさまでした♪

気がつくと山の稜線に陽が落ちようとしていました。

やはり山の1日はみじかいですね。

このあと夕立がありました。間一髪!

まとめ:「猪サイクリング」はサイクリングというよりスリル満点ジェットコースター⁈安全に気をつけて自分のレベルで楽しめるおもしろコース

いかがでしたでしょうか?

「猪サイクリング」は自転車の好きな方なら、誰もがトリコになること間違いなしでございます((((;゚Д゚)))))))

  • ロードバイクにある程度乗ってきて飽きてきた
  • 変化を楽しめるコースを体験したい
  • E-bikeのマウンテンバイクがどんなものか知りたい(購入するとMIYATA・国産モデルは35万円程度するそうです)

サイクリングに刺激が欲しい方はぜひ体験してみて下さいね。

ちなみにロードバイクに乗ったことがないという方は、先にロードバイクやクロスバイクをレンタルしてからをおすすめします。

さらに雑誌などを読んでイメトレも忘れずに!

以上、「【高知県土佐町】オフロード獣道をMTB(マウンテンバイク)で爆走!爽快ダウンヒルをツアー体験レポ」の記事をお送りしました!

「さめうらカヌーテラス」でのサイクリング体験のお申し込みは公式ホームページにて

今回はプレオープンの「さめうらカヌーテラス」でのツアーでございましたが、今後他のツアーも充実していく予定だそうです。

「スポーツバイクを持っている」という方でもE-bikeはかなり楽できますので、この軽さを体感してみてくださいませ♪

aimiのアイコン画像aimi
今回のコースはE-bikeじゃなかったらリタイヤカーに乗っていたかもw

まだコース詳細が出来上がっていないとのことで”相場観”を申し上げておきますと…

「さめうら猪サイクリング」のコース・価格詳細

「さめうら猪サイクリング」の場合…

レンタル料(ガイド料込み)

●MTB 8,000円~ 

●E-MTB 10,000円~ 

●持ち込み参加 3,000円 (税別)

となっています!

公式ホームページからぜひぜひお問い合わせてみて下さいね٩( ᐛ )و

以上、「【高知県土佐町】オフロード獣道をMTB(マウンテンバイク)で爆走!爽快ダウンヒルをツアー体験レポ」の記事をお送りしました。

関連記事

【高知県土佐町】れいほくアウトドアの拠点「湖の駅さめうらレイクタウン」オープン!施設紹介レポート

今回のサイクリングツアー「猪サイクリング」のスタート地点・集合場所となったのが『湖の駅さめうらレイクタウン』。

お隣にはリニューアルオープンしたばかりの「さめうら荘」があるので、ツアー後に宿泊することができます。

このエリアではホテルがほとんどありませんので、貴重な宿泊施設なんですよ。

【夏の日帰りRIDE】サイクリング装備一覧〜へなちょこライダーでも基本は抑えよう

私はゆるく楽しむサイクリングがメインですが、装備はひととおり持っています。

もちろん今回のツアーのようにただ動きやすい格好でもいいけれど、長距離ともなると別。

そのための基本装備をご紹介します!

よかったらシェアしてね!