「しまなみ海道」含む”瀬戸内7海道”で使える割引キャンペーンまとめ

【Rinker等・ボタンまわりのひと押し】売上UP=「Theマイクロコピー」を読んで攻略すべき件

【Rinker等・ボタンまわりのひと押し】「Theマイクロコピー」を読んで攻略する件

こんにちは!ブロガー歴5年・収益も10万円弱となってきたライターのaimiです。

このところわたしのブログでも、ポチりポチり(ぽつりぽつり)とアマゾン・楽天で、モノが売れ始めてありがたい限りなのですが、やっぱりもう少し売り上げを伸ばしたい!と思うわけであります。

それを攻略するには”書籍「Theマイクロコピー」しかない!!”と思いさっそく読んでみました。

『マイクロコピー』とは当ブログで具体的にいうと、「Rinker」などのボタン周りの”ひと押しメッセージ”ですね。

「RInker」とはアマゾン・楽天などの物販のハードルを下げてくれるボタンのこと。例えば楽天セールの時にボタンの上に「ポイント●倍」などの一言を添えるだけで購入率が上がったりするので、試してみないのはもったいないです。

→参考note:ぶろりほさんの「クリック率UP!Rinkerにマイクロコピーを付ける方法」

https://note.com/blogmethod/n/n2aff89c8580c

マイクロコピーとは?

ボタンの文字やフォームまわり、
エラーメッセージ、写真のキャプションなど、、、
正直言ってこれまで、コピーライティングの教材や、
専門家が全く話さなかった、
非常に細部の箇所のコピーのこと。

近年このマイクロコピーは、コンバージョン(Webサイト上で獲得できる最終的な成果)に直結するコピーとしても注目されています。

たった1単語のコピーを微調整しただけで成約率が161.66%もアップしたなど、海外のマーケティング企業を中心に驚くべき効果が認知され始めたからです。マイクロコピーによる改善はそのまま業績の向上に直結します。

マイクロコピーはたった一言のメッセージでも消費者の心を動かす、魔物です。

マイクロコピーが見つかる主な場所

  • ボタン(およびその周辺)
  • サインアップ画面
  • ログイン画面&パスワード
  • フォームラベル
  • メニュー、ナビゲーション
  • エラーページ
  • お問い合わせ
  • アプリの通知

わたしたちが日常で触れているインターネットサイトのほとんどはこの「マイクロコピー」の集合体といっても過言ではありません。このブログも然りです。

ここでは「Theマイクロコピー」を読んで、あなたのブログでも使える、重要なこと3点!をお伝えしたいと思います。

もし『もうそんなこととっくにできているよ!』という方でも、完璧なサイトなんてありえません。改善&改善、さらに進歩できるはずですのでお付き合いください。

「Theマイクロコピー」であなたのブログでも使える、重要なこと3点

①【当然であり必然】約束は守る

当たり前のことかもしれませんが、ここで例えをひとつ。

ある時、商品を買いたいと思った方が、『商品を買う』ボタンを押したらリンク切れになっている。

そこで購買意欲はそがれて、ほかのページに離脱してしまう。

非常にもったいないと思いませんか?

wordpressでブログを運営している方は「Broken Link Checker」というプラグイン(アプリのようなもの)で対策が可能ですが、これを知らない方は『読者目線』でブログ運営を考えられてないということにもなります。

わたしもこの記事を読んですぐ入れました!

【参考記事】

More Web
【2020最新版】Broken Link CheckerでWordPressサイト内のリンク切れを確認する方法 この記事はWEBサイト内のリンク切れを自動的にチェックして報告してくれるWordPressのプラグイン「Broken Link Checker」について記載しています。検索エンジンの評価や訪...

②【読者に訴えるコピー】このボタンを押すとこんなメリットがあるということを単純明快にする

「Theマイクロコピー」では以下のものが行動障壁を下げるのに効果的と謳っています。

  • 時間がかかること
  • 費用が高いこと・思いがけない追加コスト
  • 動きたくない・考えたくない
  • 後ろめたさがある
  • すぐに結果が出るもの
「恋愛マンガで感傷に浸る美少女恋愛マンガで感傷に浸る美少女」[モデル:みき。]のフリー写真素材を拡大
1、顧客情報管理「Intercom」の事例
「Intercom」の無料トライアルの画面

上に示したのは、顧客情報を一括で管理できる海外発のプラットフォームの「Intercom」。

煩わしい登録作業は不要で、メールアドレスだけで無料トライアルができます。

「簡単セットアップ」「14日間無料トライアル」「いつでもキャンセル可能」のマイクロコピーは、見込客に対して利用のお手軽さとメリット、そしてリスクがないことを伝えます。

このメッセージは単純明快で、利用者の肩をぽんと後押ししてくれるものです。

おそらく誰であっても、このメッセージがなければボタンを押すのを躊躇するでしょう。

2、音楽配信サービス「spotify」の事例
- Spotify - www.spotify.comより引用
– Spotify – www.spotify.comより引用

上に示したのは、音楽配信サービス「spotify」のプレミアム配信への登録ボタン。

まず具体的に「1ヶ月無料」あることを示すことで、登録の行動障壁を低くしています。

こちらのサービスは無料プランでもじゅうぶん楽しめる曲数が用意されているのですが、やはり音楽好きとしては「もっと聞きたい!」「邦楽も聞きたい!」と聞けば聞くほど欲張りになってくる

その心理をついており、うまい!と個人的には思いました。

③【形式にとらわれない】人の心を動かすメッセージ

ネット世界での言語は少し特殊で、「話し言葉」と「書き言葉」の中間にある、とこの本では書かれています。

そのほうが、「インタラクティブ(双方向)」なコミュニケーションが取れるんだとか。気づかなかったですが、そうなんだそうです・・・。

そう言われてみると無意識にうちにわたしも話し言葉を使ってしまっていますね。書いている人の意思が伝わらないブログほどつまらないものはありませんし。

「自然」かどうかを判断するには、声に出して読むことがベストです。

「人の心を動かす」メッセージは読者に近い言葉を使うのがいちばんなのです。

まとめ:「Theマイクロコピー」を読めば、あなたのブログ・サイトでも使えることがイッパイ!

「Theマイクロコピー」はほかにも書ききれないほどのノウハウがかかれており、こちらに出したのはほんの一部。

主に個人向け・オフィス向けのサイト運営の例について書かれています。

自分ではいいか悪いかわからない場合も、「A/B」テストといった、ウェブサイト改善の仕方も載っていますのでぜひご参考に!

直接自分に関係ない企業のサイトも、見る目が変わってきちゃいそうで怖いですがw

ほかには「zozotown」などが取り上げられています。

zozotownはさすがいまどきの企業!と驚愕しました。ぜひ続きは本をお手にとって見てみてくださいね。

以上、『「Theマイクロコピー」を読んで、あなたのブログでも使える、重要なこと3点を発見!』の記事をお送りしました!

「マイクロコピー」にはオンライン講座があります

「ザ・マイクロコピーセミナー」ページより引用

少し前に「マイクロコピー」のオンライン講座を受講しました。

講師は「Theマイクロコピー」の著者・山本琢磨さんのお弟子さん。

それがたったの2,900円で半日のセミナーが受けられるとは破格ですよ!!

「私はこう思う」「あなたはどう?」と言う議論の場も設けられ、一方通行でないのも気に入りました。

地方在住の私ににはたいへん助かりました♪

新型コロナの影響で、オンライン講座中心のラインナップとなっています。

講座の種類もたくさんございますので、まずは目を通して見るとぴったりのものが見つかるかもしれませんよ?

aimi

講座はタイミングがだいじ!
見つけた時に早く予約しないといっぱいになることもあるので、こまめにチェックしてみてくださいね♪

\本だけではなく、実例を理解し運用していこう/

関連記事

【徹底比較】WordPressテーマ「THE SONIC」「SWELL」のメリット・デメリット

マイクロコピーをつけるCSSも固定ブロックで管理!

aimi
キャンペーンのたびにマイクロコピーを書き換えるのは時間の無駄ですよ…

わざわざコードを書かなくてもいい「グーテンブルグ」完全対応のWordPressテーマは日本で2つだけ

是非チェックしてみてください♪

タイム is マネー!「固定ブロック」で時間の節約をしていきましょう。

あわせて読みたい
【徹底比較】WordPressテーマ「THE SONIC」「SWELL」のメリット・デメリット こんにちは。ライター歴5年、4つのサイトを持つブロガーでもあるaimi(@aiaiminini)です。 先日、WordPressテーマ「SWELL」を導入しはや4ヶ月。 当ブログも「SWELL」で...
【Rinker等・ボタンまわりのひと押し】「Theマイクロコピー」を読んで攻略する件

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!