「しまなみ海道」含む”瀬戸内7海道”で使える割引キャンペーンまとめ

【雲辺寺コーヒー&park(香川県三豊市)】絶景すぎる!天空のフレーム+ハンドドリップ珈琲に心ときめく<行き方説明あり>

こんにちは、四国の美味しいものには目がないライターのaimiです。

2022年3月19日にOPENしたばかりの「雲辺寺コーヒー&park」。

花冷えした4月上旬。

早朝から意気揚々と向かいました!

aimi

標高900m以上あるので、上着を1枚持っていきましょ〜♪

「雲辺寺コーヒー&park」の楽しさって?

【行くまでも楽しい】わざわざ標高927mまで美味しい絶景コーヒーを飲みに行く体験

空を飛びたくなる〜〜♪

「雲辺寺コーヒー&park」の良さは

  • コーヒーを標高927mの山のてっぺんで飲もうじゃないか!
  • 四国の北側・本州の高い場所がほとんどが見える絶景の中で!

ってところ。

晴れている日には本州・伯耆大山までが見えるのだとか〜(この日は見えず)

冬の澄んだ空気の日に来たら見えるかも?

aimi

鳥取県まで約150kmだから見えてもおかしくはない距離だあ
石鎚山山頂からも見えることがあるしね

【構図が豊富】絶景写真をコーヒーと共に

天空のブランコや天空のフレームでインスタ映えの写真を撮るのが目的の方も多い雲辺寺公園。

そこに”コーヒー屋さんがOPENした”となったら行くしかないでしょ…!

「雲辺寺コーヒー&park」のメニュー

雲辺寺限定・オリジナルのメニューもあるよ!

雲辺寺は徳島県にあるけれど、香川県との県境なので…

香川県和三盆きなこラテや高瀬茶ラテなどのメニューや、地元のスイーツ屋(観音寺市の老舗「坂口屋」)さんとのコラボした生どら焼きも。

「●●コーヒー」を手がける『ZEKKEI COFFEE』さんの定番商品、1杯1杯オーダー後にハンドドリップしてくれるコーヒーももちろんありますよ〜♪

「ZEKKEI COFFEE」とは?

『下灘珈琲(愛媛県伊予市)』『しまなみコーヒー(愛媛県今治市)』『カルスト珈琲(高知県/愛媛県の県境)』を手がけるオープンエアカフェを営む会社。ほかの3店もすごく景色の良い場所にありますので行ってみてね♪

【1杯1杯奥深い】ハンドドリップコーヒーを飲んでみた

雲のトレーが可愛い^ ^
豆をガリガリするだけでいい香りが漂ってきます!

オーダーした後、スタッフさんとの会話も楽しみつつまったりと待ちます。

5分くらいかかりますが、待ち時間は気になりません(๑>◡<๑)

ハンドドリップって微妙な手加減で味わいがすごく変わるのだそう。

よき香りがしてまいりました♪

※夏休みなどの混雑時はまあまあの行列になりそうですね…スタッフさん増員するのかな?

とはいえ酸味も少なく、シンプルな飲みやすいコーヒー。

絶景がスパイスになってくれてより一層美味しく感じる〜!!!

青空の下、ぼーっとしてたら30分くらい経ってたww

いやされました。

aimi

ミルクや砂糖はセルフで。
ロープウエーのチケット提示すると、シャボン玉ももらえるみたいだよ!

「雲辺寺コーヒー&park」の行き方

【行き方①】「雲辺寺ロープウエー」山頂駅から徒歩10分

「雲辺寺コーヒー&park」への行き方はふたつ。

  • 歩いてロープウエー山麓駅から歩く(2時間の登山)
  • 雲辺寺ロープウエーにのり山頂駅から歩く(大人2200円+徒歩10分)

どちらも徒歩のアクセスのみとなりますので、ご注意を。

標高927mの雲辺寺山の山頂付近にあるので、

  • 下界(香川県三豊市の街中)とはほぼ気温が10度
  • 山麓駅からも6〜7度

違いますから気をつけて!

夏は避暑地ですが、冬はガッツリ雪が降ることもあるんですよ。

山頂まで一応車道が通じていますが、雲辺寺参拝者専用・有料駐車場。コーヒーを飲む目的の方はロープウエー経由で行かないと×です!

【行き方②】写真で解説!

チケットを購入し(往復2200円)
毎時0・20・40分発のロープウエーに乗り…
解説を聞きながら瀬戸内海のZEKKEIを堪能し
山頂駅!
県境またぎをして(コーヒー屋さんは徳島県!)
ここで右に行きます
ここも右(看板あり)
山頂公園レストハウスを通過し…(貸し出し傘あり)
到着!

「雲辺寺ロープウエー」乗り場へのアクセス

やはり青空の日に訪問したいものです!

「雲辺寺ロープウエー乗り場」とGoogleマップに入れ、目指しましょう。

間違っても「雲辺寺山頂」を入力しないように((((;゚Д゚)))))))

車でのアクセスのほか、観音寺駅からバス(日曜運休)もあるようですよ〜

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!