「しまなみ海道」含む”瀬戸内7海道”で使える割引キャンペーンまとめ

「直火禁止」のキャンプ場、用意するべきおすすめアイテム6選

広告 このコンテンツには広告を含む場合があります

こんにちは。アウトドアライターのaimiです。

先日このような記事を書かせていただいたのですが

https://www.aimisuna.com/2018/09/29/jikabi-camp

 

直火禁止のキャンプ場が増えており、

[chat face=”SnapCrab_NoName_2018-8-1_9-25-17_No-00_0801092714.png” name=”aimi” align=”left” border=”red” bg=”none”]なにを用意すればいいのかな?[/chat]

という声にお応えし、おすすめアイテムのご紹介をしていきます。

「直火禁止」のキャンプ場、用意するべきおすすめアイテム6選

バーナー

ツーバーナー

ファミリーや大人数のキャンプで欠かせないのが、ツーバーナー。

ダッチオーブンや、大量のカレーを煮込みたいときなど、火力の調整も簡単です。

風がある日や、雨の日でも屋根のある所ならばのんびりと使うことができます。

燃料の種類は

  • ホワイトガソリン
  • LPガス

 

の2種類がありますがここでご紹介したいのは「LPガス」。

ホワイトガソリンに比べると多少コスパは悪いのですが、燃料補給の手間もなくアダプターにはめるだけなので管理は楽ですね。

ホワイトガソリンは「ポンピング」をし空気圧をかけないと、ガスが押し出されない仕組みになっています。ポンピングには多少コツが要りますし、時間もかかります

ツーバーナー本体
created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥10,981 (2024/06/25 00:44:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
SOTO(ソト)
¥17,800 (2024/06/25 00:44:38時点 Amazon調べ-詳細)
燃料のLPガス
created by Rinker
プリムス(PRIMUS)
¥984 (2024/06/25 00:44:39時点 Amazon調べ-詳細)

シングルバーナー

登山や、ソロキャンプ、ピクニックなどで気軽にお湯を沸かしたり、カンタンな調理をしたい際に便利なシングルバーナー。

SOTOのものが一強でとても人気があります。

私は登山をよくするのですが、高所で風が強い時SOTOのバーナーは他のメーカーのものより火力が強く冬の寒い時期でも着火しやすいので愛用しています。

風よけといっしょに使用すれば最強です(^^♪

SOTOシングルバーナー
風よけ(風防)

 

また、「ジェットボイル」というお湯を沸かすことに特化したバーナーもあるのでチェックしてみてくださいね。

[chat face=”SnapCrab_NoName_2018-8-1_9-25-17_No-00_0801092714.png” name=”aimi” align=”left” border=”red” bg=”none”]珈琲やインスタントラーメンだけならこれでじゅうぶん![/chat]

 

ジェットボイル本体
専用ガスカートリッジ(燃料)
created by Rinker
ジェットボイル(JETBOIL)
¥649 (2024/06/25 00:44:41時点 Amazon調べ-詳細)

そしてここでご紹介したいのが「ジェットボイルでできる簡単クッキング」という本。山好きのお友達にプレゼントしたらすごく喜ばれた一冊です♪

created by Rinker
モンベル
¥1,416 (2024/06/25 04:24:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

アルコールバーナー

アルコールバーナーは軽量化を求める人には見逃せないものになっています。

すこし炎が見づらいのが難点ですが、しっかり管理すればどのバーナーも選べなくなるほどにコンパクト。

アルコールは持ち運ぶ必要がありますが、それを含めてもアルコールバーナーの小ささに勝てるコンパクトなものは存在しません。

アルコールバーナー本体
液体アルコール
created by Rinker
健栄製薬
¥820 (2024/06/25 04:24:22時点 Amazon調べ-詳細)
燃料ケース(60ml)

焚き火台

大人数のキャンプで、直火以外で炎を見るには「焚き火台」は欠かせません。

私は10年ほど「キャプテンスタッグ」のものを使用していますが、サビが発生してしまいました。でもまったくびくともしません。

※基本、どのメーカーも焚き火台はステンレスです

サビていても結局灰&炭で完ぺきにはきれいにはならないので、使ったら水で流して日に当てて乾燥させるの繰り返しで大丈夫。

[chat face=”SnapCrab_NoName_2018-8-1_9-25-17_No-00_0801092714.png” name=”aimi” align=”left” border=”red” bg=”none”]

もともとキレイに使うものではないので朽ちるまで使い倒します!

意外とじょうぶで驚いています[/chat]

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥7,700 (2024/06/25 04:24:22時点 Amazon調べ-詳細)

七輪

ちょっと変わり種でご紹介したいのは「七輪」。

その土地の旬の魚があれば「焚き火台」で炭火を起こし、七輪に移動させて焼いてみていただきたいのです。

もちろん干物や焼肉でもOK!

とにかく炭火で焼いたものはおいしいですよ…!

[chat face=”SnapCrab_NoName_2018-8-1_9-25-17_No-00_0801092714.png” name=”aimi” align=”left” border=”red” bg=”none”]遠赤外線効果ってすごいです★[/chat]

ソロバイクツーリングの方で意外とお見かけすることがありますね。小さいのも出ています。

created by Rinker
BUNDOK(バンドック)
¥1,993 (2024/06/25 04:24:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
パール金属(PEARL METAL)
¥5,980 (2024/06/25 00:44:46時点 Amazon調べ-詳細)

ソロストーブ

「solostove」社が出している製品「ソロストーブ」。

小枝などを燃料として火を起こすので、薪や炭を買う必要がありません。

その分、まめに枝を補給したり目が離せませんが…( *´艸`)

しかし、「煙突効果」で火力は安定。とてもエコな製品で間違いがないですよ。

  • バーナーじゃ炎が燃え上がるのが見えなくて物足りない(キャンプに来た感がない)
  • ソロだからそこまで大々的に火を燃やしたり燃料を買いたくない

 

という人には絶対におすすめの商品です!

created by Rinker
Solo Stove(ソロ ストーブ)
¥9,350 (2024/06/25 00:44:46時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:直火禁止キャンプ場は増加傾向。今からアイテムを準備しておこう!

「直火禁止」のキャンプ場、用意するべきおすすめアイテム6選は…

  •  バーナー
    •  ツーバーナー
    •  シングルバーナー
    •  アルコールバーナー
  •  焚き火台
  •  七輪
  •  ソロストーブ

特徴ごとにおすすめをご紹介させていただきました。

直火禁止でも、キャンプでみんなと焚き火は楽しめますし&少人数でミニマムにも楽しむこともできる。

まさに道具しだいで”TPOにあった”キャンプを楽しむことができるのです…!

TPO…Time(時) Place(場所) Opportunity(場合)の略

[chat face=”SnapCrab_NoName_2018-6-9_18-31-20_No-00_0609064808.png” name=”夫” align=”left” border=”red” bg=”none”]TPOって久しぶりに聞いたよ…( 一一)[/chat]

[chat face=”SnapCrab_NoName_2018-8-1_9-25-17_No-00_0801092714.png” name=”aimi” align=”left” border=”red” bg=”none”]あなたのお好みの火器は見つかりましたか?[/chat]

 

以上、『「直火禁止」のキャンプ場、用意するべきおすすめアイテム6選』の記事をお送りしました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!